初めてなら体験からスタート|nlp協会でドンドン知識吸収しよう

確かな知識を身につけよう

勉強する人

日本で学ぶのならここ

日常生活の中で誰もが実践でき、成果をあげることができる心理学として注目を浴びているのがnlpです。しかし、日本へ入って来てからの歴史は、さほど古いとは言えません。そんな中で正しい知識や実践を身につけるとしたら、日本nlp協会がおすすめです。 日本nlp協会は、日本で唯一総合的にnlpを学ぶことができる協会です。この協会では2時間半の体験講座から始まって、nlpの基礎を学ぶコース、販売や営業など職業別のコース、セラピーに活用したいという専門家のためのコース、など様々なコースをその人の状況や希望に応じて用意しています。そして、本格的に学びたい方はさらに上級のコースを目指すこともでき、資格も取得できるのです。 学ぶのならきちんと基礎から学びたいという人の希望に応えてくれるのが、日本nlp協会なのです。

体験講座を有効に使おう

初めて何かを学ぶ時は、不安を感じる方も多いはずです。はたしてこれを学んでも意味があるのか、そしてコストパフォーマンスはどうなのか、などと心配になることもあるのではないでしょうか。まだ全くnlpがどんなものなのか分からない、そんな方は協会で定期的に開催されている体験講座を活用してみるという手があります。この体験講座は、わずか2時間半なので、仕事帰りの人などでも気軽に利用することができます。そして、その2時間半の中に、基本的なnlpの考え方や学び方の基礎が全て分かるようになっているのです。また、机の上だけではなく体験ワークも含まれていますので、実際にnlpを体感することもできます。この協会主催の体験コースに出ただけで、仕事に役立つ気づきを得た、という意見もあるのです。nlpに関する興味が高い方であれば、プラクティショナーコースを受講した後に、ステップアップしたマスタープラクティショナーコースを修めて、トレーナーの資格を習得することも可能です。初めてなら体験からスタートするのが一番だと言えるでしょう。

知的財産の知識

講義

知財を守ることは、経営を進めるにあたって非常に重要です。弁護士に相談することをおすすめしますが、経営者自身で勉強することも必須です。セミナーや書籍を上手に活用して、基礎知識を習得するようにしましょう。

もっと知ろう

言語障害などに対応する

カウンセリング

言語聴覚士の仕事においては高齢化社会においても求められている職種と言え、人気の一つと言えるかもしれません。転職などを検討されている方も大学などを卒業していれば、通常よりも短い期間学校に通う事で取得可能ですので良い選択の一つです。

もっと知ろう

価値あるものを守るために

講演

インターネットなどで情報を気軽に発信できる世の中ですが、情報も知財と言え守る事を検討する必要があるでしょう。知財における知識を得る方法としてセミナー利用などが人気と言え、効率良く知識を得る事もできるかもしれません。

もっと知ろう