事業者ローンのメリットを知る【中小企業の強い味方】

経営者が知っておきたい資金調達方法

事業を行うためには、資金が必要になります。その資金を調達する時に選択肢に入れておきたいのが事業者ローンです。どのように活用できるのか知っておけば、事業を進めるうえで役に立つでしょう。

事業者ローンの活用例

  • 開業資金
  • 業務の拡張資金
  • 運転資金
  • つなぎのための資金

事業者ローンのメリットを知る【中小企業の強い味方】

マンション

繰り上げ弁済は慎重に

事業者ローンには、繰り上げ弁済といって事業が上手くいっているときなどに、借り入れたお金をまとめて返済できるシステムがあります。一気に返済できるのはいい事なのですが、場合によっては当初の返済計画と異なることから、手数料や違約金を支払わないといけないこともあります。繰り上げ弁済を行いたいと考えたときには、ローン会社に相談してみましょう。

柔軟に対応してくれる会社を選ぶ

ローン会社を選ぶときに、金利が低いという点だけを見て選びがちですが、それは得策とは言えません。大金が動くわけですから、返済日や返済方法などの相談に乗ってくれて、柔軟に対応してくれる会社を選ぶべきです。

不動産担保ローンと使い分ける

事業者ローンは事業資金として使用しなくてはいけないので、もし事業資金とは別でまとまったお金が必要になったときは、不動産担保ローンを利用するといいでしょう。担保に出来る不動産さえあれば、事業者ローンと同じように多額の借り入れが可能です。

事業者ローンを利用するメリット

借入までがスムーズ

事業者ローンは、審査の申し込みから融資を受けるまでがとてもスピーディーです。銀行融資などの場合は、審査だけでも数か月かかってしまうことがあるのですが、事業者ローンなら審査が3~5日で終わります。

借り入れた資金は自由に使える

お金を借り入れたら後、使い道が問われることはありません。事業資金として使う必要はありますが、納税資金や事業拡大用の資金、給与支払いなど、お金をどこで使うかは自由です。

担保や保証人が不要

通常のローンと違い、事業者ローンは不動産担保や連帯保証人を必要としません。また、提出書類も少ないため、簡単な手続きでローンを組むことができるのです。場合によっては不動産担保が必要となることもあるので、契約前に確認しましょう。

広告募集中